とべるのはいましかないよと涼しげに眠ったヒトデを空へと放る







(右耳だけが知っている)

 ■ スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



 ■ ひさびさこわいゆめ
車の中、両親と。
私は後部座席左側にすわっている。(三人のときの定位置である)

なぜか、運転席と助手席の間に、太い切れたチューブのようなものが不安定な感じで置いてある。
電線みたいな感じ、高温で触るとヤバい。
わたしはそれを持ち上げてなんとかしようとして、、、
そのとき車が右折をし、、(道路から住宅地の敷地に入るところだ)
それを誤って運転手の手に押し付けてしまう。

ものすごい嫌な感触

悲鳴は聞こえなかった

離そうとしても離れない

目が覚めた


 ■ スポンサーサイト

 ■ Comment







 
 ■ Trackback
Trackback URL : http://kuyurira.jugem.jp/trackback/422

 ■ ごあいさつ
いらっしゃいませ。
ここは睡の運営する短歌と夢日記blogです。
短歌とのつきあい方を模索中。
私はファンタジー短歌を作りたいのだけど、そういうのは今時はやらないのだろうか。

 ■ Last Update 

 ■ Recommend
BEWITCHED!
BEWITCHED! (JUGEMレビュー »)
HAZEL NUTS CHOCOLATE
鏡のなかの鏡―迷宮
鏡のなかの鏡―迷宮 (JUGEMレビュー »)
ミヒャエル エンデ, Michael Ende, 丘沢 静也
魔笛
魔笛 (JUGEMレビュー »)
那須田 淳, Michael Sowa, ミヒャエル ゾーヴァ
黄金の羅針盤?ライラの冒険シリーズ〈1〉
黄金の羅針盤?ライラの冒険シリーズ〈1〉 (JUGEMレビュー »)
フィリップ・プルマン,大久保 寛,Philip Pullman